OpenGLはグラフィックスハードウェア向けの2次元/3次元コンピュータグラフィックスライブラリです。

Movaviの製品では、OpenGL 2.1以降がエフェクト、トランジション、インターフェイス要素、プレビューウインドウで活発に使用されています。


OpenGLの問題は、異なるシステムでは全く異なるように見えることができます。


最も一般的な症状は次のとおりです:


  • プログラムのプレビューウインドウにはビデオは見えません
    例:
    白い画面、黒い画面、緑の画面、または何も表示されません(プログラムのロゴ)。

  • ビデオは、プログラムのプレビューウインドウ内で歪んで表示されています
    さまざまなアーチファクトが現れることがあります。ビデオはピクセル化されたり、破損したりすることがあります。


  • プログラムはまったく起動しません。別のプログラムモジュールでも同様です。
    「プログラムは応答していません」、「ランタイムエラー発生しました」などのエラーメッセージが表示されます。


  • (Video Editorのみ)エクスポートしたビデオにはトランジションやエフェクトはありません。
    エクスポートしたビデオには、入力されたビデオや写真が含まれていますが、トランジションは追加されていません。


普通この症状は、グラフィックスカードまたはその現在のドライバが、必要なOpenGLバージョンをサポートしていないか、または正しく動作していません。


まず、グラフィックスカードの名とメーカーを調べることが必要です。

注意:
Sony VAIOToshibaDellHPAlienwareなどの一部のラップトップは、ドライバをカスタマイズしている可能性があります。

最新のドライバをメーカーのウエブサイトを探して方がいいです。



それ以外の場合は、デバイスマネージャでカードモデルを調べることができます。

Windows 7では:
それを起動するには、Windowsのコントロールパネルシステムとセキュリティシステムデバイスマネージャーに行きます。


Windows 8あるいは、Windows 10のサーチでは「デバイスマネージャー」を入力してください。


それ以外の場合は、Windows + Rキーを押して「devmgmt.msc」と入力してください。


デバイスマネージャーではディスプレイ アダプターにグラフィックスカードの名と製造元があります。


グラフィックスカードの名を知ったら、最新のドライバーを検索することができます。


それは各メーカーのウェブサイトで観つけることができます:



選択ツールまたは検索ボックスを使用して、グラフィックスカードの最新のドライバを検索してください。

以上のメーカーは、ドライバの自動検出でダウンロードのためのツールもあります。

最新のドライバをダウンロードして、インストールしたら、PCを再起動すること必要があります。


それでも同じメッセージが表示される場合は、グラフィックスカードで必要なOpenGLのバージョンがサポートされていません。


それでも、ソフトウェア回避策を試すことがあります:
Movavi Video Converter 17、Movavi Video Editor 12、Movavi Screen Capture 8、およびMovavi Video Suite 16のバージョンから、前述のソフトウェア回避策を設定から直接適用することができます。

これを行うには、プログラムでは「設定」メニューを開き、「環境設定」を選択します。ここで、「ソフトウェアOpenGL実装を使用する」オプションを選択し、「OK」をクリックしてください。


プログラムが起動しない場合、またはドライバの更新がうまくいかない場合:

まず、32ビットOSか、64ビットOSであれば調べてください。
どのようにOSのタイプを調べることができますか?

32ビットOSの場合、このリンクをクリックしてください。

64ビットOSの場合、このリンクをクリックしてください。この「*.ZIP」のアーカイブを解凍してください。
どのように「*.ZIP」のアーカイブを解凍することができますか?


プログラムのショートカットを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択すると、ソフトウェアのインストールフォルダに移動します。


ダウンロードした「opengl32.dll」または「opengl32software.dll」ファイルをこのフォルダにコピーしてください。


そのフォルダを閉じます。 Movaviのプログラムをもう一度起動します。


プログラムが2017年以前に購入された場合のみ:


  • このリンクからファイルをダウンロードしてください。
  • プログラムのショートカットを右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択すると、ソフトウェアのインストールフォルダに移動します。

  • ダウンロードした「opengl32.dll」ファイルをこのフォルダにコピーしてください。