アップデートされた Video Editor 15 の素晴らしい新機能をご紹介します!


- 新バージョンの Video Editor で再設計された起動ウィンドウの使い心地をお試しください。直近のプロジェクトにすぐにアクセスできるようになりました。


- 新しいバージョンでは、より高速で快適なHDビデオ編集が可能になります。Editorは、オリジナルファイルの一時的なコピーを作成することで作業をスピードアップし、プレビュープレーヤのフレームフリーズを大幅に軽減します。この機能の詳細については、[環境設定] メニューの[アクセラレーション] タブを開きます。


- トラックを追加、移動、または完全に削除できます。あなたの好みとニーズに合わせてタイムラインをカスタマイズしてください。また、タイムラインも大幅にコンパクト化されたため、小さなディスプレイでもより作業しやすくなりました。


- ビデオに素敵なイントロを追加したいですか?[インポート] タブで新しいカテゴリを探してお試しください。独自のイントロを作成したり、既製のサンプルを使用したりすることもできます。


- 簡易ビデオモードは、新しいテーマセットを使うとより高速化できます。自分の誕生日や家族をテーマにしたビデオをわずか数分で完成させることができます。


- ガイドラインは、タイトル、ステッカー、コールアウト、フレームをより正確にプレビュープレーヤーに配置するのに役立ちます。


- プロジェクトを他のコンピュータに簡単に転送! [ファイル] メニューで [ポータブルプロジェクトの保存] オプションを選択するだけです。


- また、最も厄介なバグを修正しました。

- 手ブレ補正を適用したビデオで問題が発生することはなくなりました。

- 今後、アルバムアートがタイムラインに表示されることはありません。

- プロジェクトの保存をキャンセルできるようになりました。

- 今後、予期しないシャットダウンが発生することはありません。

 

- 注意:これまでに Movavi Effects Store から追加コンテンツのパッケージをインストールしたことがある場合は、それらを再度アクティベートする必要があります。最初の購入を完了したときに受け取ったのと同じキーを使用してください。